シリコンシャンプーは育毛に悪いのですか?

最近、「ノンシリコン」というワードをよく耳にされる方も多いと思います。「そもそもシリコンシャンプーって何?」という方も多いと思いますので解説します。

 

ここで言う「シリコン」とは、豊胸で有名なアレではありません!ここで言うシリコンは、化粧品などによく使われているタイプのもので「髪を洗うときに指通りを良くする」役割があります。シリコンは「髪に皮膜を作りコーティングする」という性質があります。それに目をつけて、「汚れを落とすシャンプーにコーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くないでしょ!」ということでシリコンが含まれないシャンプー「ノンシリコンシャンプー」がいま注目されています。では、そもそもなぜシャンプーにコーティング剤を入れるのでしょうか?

 

それは、少量でもよく泡立ち、さらに非常に安価な高級アルコール系の界面活性剤が低価格のシャンプーには多く配合されており、それらは洗浄力が強く、髪や頭皮の汚れをよく落としてくれるのですが、洗髪中に指が髪に引っかかったり、洗った後もギシギシ感が残ったりしてしまいます。それを解消するため、滑らかな手触りにするために、シリコンが使われているのです。

 

シリコンって本当に頭皮に良くないの?

昨今、シリコンが「皮膚呼吸ができなくなり頭皮によくない」と言って悪者のように扱われているケースが多く見受けられます。その実態はどうなのでしょうか?

 

実は、シリコン自体は安全性が高いもので、それ自体が頭皮に悪影響をおよぼす可能性はとても低いです。ただ、かと言って頭皮にとって良いものでもなく、無くても特に問題のないものです。さらに、シリコンが含まれていることで前述の通り、洗浄力が強く、逆に皮脂が過剰に増加する傾向が高いです。また、毛穴に詰まることで、抜け毛を引き起こす可能性もあるため、髪や頭皮を気にされる方の使用は控えた方が無難です。

 

さらに、現在市販されている商品の多くで、「シャンプーはノンシリコンだが、トリートメントは シリコンが多く含まれている」というのが現実です。髪や頭皮を気にされる方は「トリートメントも含めてノンシリコンであるもの」もしくは「トリートメント不要のノンシリコンシャンプー」を購入されることをオススメします。